渋谷のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

治療実績

治療実績

当院は、1998年よりインプラント治療を開始しました。
その理由は、よくある症例の奥2~4本欠損に対して、なぜ健康な歯をたくさん削らなければならないのか? そんな疑問から「半固定式の義歯」に抵抗を感じずにはいられませんでした。
これ以上、健康な歯を削るのは間違っているのではないかと感じ、以前から院外で勉強していたインプラント治療の導入に踏み切りました。

治療当初は「部分入れ歯からインプラント」にしたいという患者さまのご希望から下顎奥歯の治療が中心でした。
その結果、取り外し式の入れ歯に違和感をもたれていた患者様から絶賛され「上の入れ歯もインプラントにしたい」というご要望を多数いただくようになりました。
ただ、上の骨は下の骨に比べると、軟らかく、空洞(上顎洞)があるため骨量不足や骨質の問題が起きやすく、下骨治療に比べて難しくなる傾向があったので苦心いたしました。
現在は、様々な補助手術(骨造成)の進歩で、骨量・骨質の改善ができるようになり適応範囲は広がっております。

近年になると前歯のような審美的要求の高い部分へのご要望が多くなりました。
元々、歯肉の薄い日本人の審美的なインプラント治療には、歯周外科手術を併用した総合力が必須と言えます。

当院は、2年前に「歯科用CT」を導入し、事前シュミレーションによって手術を簡素化できるようにしました。 その結果、患者様の痛みや腫れなどのストレスを大幅に減少させ、今まで以上に確実な手術を実現しました。 治療実績の積み重ねと共に、他医院さまからの手術依頼も増加し、簡単な症例から難症例まで幅広く対応しております。

過去10年のインプラント治療実績は以下のようになっております。

グラフ

インプラント埋入本数
2000年 64本
2001年 84本
2002年 318本
2003年 471本
2004年 794本
2005年 987本
2006年 981本
2007年 810本
2008年 808本
2009年 749本

採用インプラント システム

当院は複数のインプラントシステムを採用しております。
患者さまによって、骨質や骨量は様々です。
さらに、望まれる治療方法や結果も違ってきます。
そのような現状を考えますと単一のインプラントシステムで全てをまかなうのには限界があると感じたため、 選び抜いた複数のインプラントシステムを用意し、様々な患者さまのご希望に対応できるようにしました。
当院が使用するインプラントシステムは、患者さまが世界中のどこに行かれても対応してもらえる認知されたメジャーシステムのみを採用。
また、インプラントは体内に残存し続けるものなので、長期的なメンテナンスが必要となります。 当院は過去に行ったインプラント治療のアフターフォローやトラブル対応もきっちり行っております。
さらに、インプラントシステムの安全性やメーカーの企業理念などを常に厳しく追求したうえで、患者さまに安全なインプラント治療をご提供しております。

ITIインプラント(スイス)

ITIインプラント

【特長】 安全で機能的なインプラントシステム。
1974年に開発されて以来、世界40ヶ国以上で使用されている4大メジャーインプラントシステムの1つ。 骨結合面は「SLA」と呼ばれるシステムを採用しており、他のインプラントシステムと比較すると最も安定性が高く、1回法が可能な症例においてはかなり有効なシステムと言えます。
「ITIインプラント」は、上部構造製作システムが確立されており、テクニカルエラーが少なくなるよう考えられています。 しかも、補綴物とヘッドの問には適切なセメントスペースができる仕組みで、インプラントショルダーと補綴物が100%フィットするように精密な設計・製造がなされています。

日本人は骨や粘膜が被薄なため、審美的要求の高い部分に応用する場合、高いレベルの外科的手術が求められます。
その様な場合には、骨結合の安定性が高い「ITIインプラント」を、機能性重視の臼歯に選択することが多くあります。
余談ですが、インプラントを一般的な治療に認知させた最大の功労者こそ「ITIインプラント」なのです。 それほど、人気が高かったインプラントシステムとも言えるでしょう。 ヨーロッパには、骨結合がより強固でスピーディーな新しい表面性状のタイプも販売されていますが、残念ながら日本国内ではまだ未承認の状態です。

治療期間(下顎)1ヵ月半(上顎)3ヶ月


ASTRA TECKインプラント(スウェーデン)

ASTRA TECKインプラント

【特長】審美性に優れたインプラントシステム。
4大メジャーインプラントの1つである「ブローネマルクシステム」の欠点を改善したアストラゼネガ社製のインプラントシステム。 表面構造はTiOブラストで、セルフタッピング方式で埋入されるボディのスレッドは荷重を理想的に分散できるため、強固で長期的に安定したオッセオインテグレーションを維持できるよう設計されています。 長期的にみて骨吸収の少ないインプラントシステムと言えます。

上部構造がフィクスチャー内径にジョイントするため、骨や歯肉の形態にあわせた柔軟な対応が可能です。 処置箇所としては、審美的な要求の高い前歯などの部分に選択されることが多くあります。 より審美性を追及した「ジルコニアアバットメント」と呼ばれる種類もありますが、現在のところは国内未承認の状態です。

治療期間(下顎)3ヶ月(上顎)6ヶ月


カムログインプラント(ドイツ)

カムログインプラント

【特長】補綴パーツの種類が豊富なインプラントシステム。
1995年に登場した新しいインプラントシステムで、様々なインプラントシステムの25年間に渡る研究データを元に開発されており、ドイツでの使用率はNo.1です。
表面構造は「プロモート」と呼ばれ、濡れ親和性が高く、上部構造との連結システムが精密なため長期安定性が高くなっています。

連結機構には、10,000回転のレーシングエンジンを作った自動車メーカー「ポルシェ社」の精密技術を生かしており、オリジナルチューブ構造とカムによって、インプラントと上部構造は精密に連結します。

治療期間(下顎)2ヶ月(上顎)3ヶ月


サバイバルレート

当院は、過去に4,000本以上のインプラント治療を行いましたが、全ての治療でインプラントは100%機能しております。
「この前、入れたインプラントが取れたんだけど…」そんなお悩みや「しびれる感じが治らない」と言った麻痺症状もありません。
治療初期にインプラントが脱落し、リカバリーしているケースも数本ありますが、多くの難症例に挑戦している事を考えればいたしかたないと考えます。

インプラントのサバイバルレートは99.60%(上顎で98.62% 下顎では100%)になります。
また、インプラント埋入後、様々な理由で定着せず、1度は除去したものの、インプラントシステムやタイプの変更などを行い、1~3ヶ月以内にフォローした症例に関しては、全て定着しております。

多くの症例を自分自身でおこない、経過を観察してきた体験から「インプラント治療の素晴らしさ」を痛感しております。
今後の治療についても「100%インプラント治療」を目指し、オーラルヘルスケアのお手伝いをしていきたいと考えております。

ネットワーク

画像の説明

当院は、現状の治療環境に満足することなく、日頃から、様々な研究・改善に励んでおります。
そのひとつに、国内外の専門医との勉強会やトレーニングがあります。
インプラント治療については、アストラテック社クリニカルコンサルタント、ルンド大学マルメホスピタル顎顔面口腔外科元教授であるDr.クリスターソンと共同手術を年1~2回実施し、技術を磨いております。

画像の説明 画像の説明

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional