渋谷のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

形を美しく

形を美しく・色を白く

歯の形を美しくするには?

セラミッククラウン

歯は治療によって、形、色、向きなどを美しく作り変えることができます。 その方法のひとつがセラミッククラウンです。 治療は、歯全体を削り、その上にセラミッククラウンを被せるだけです。
種類は様々で、金属で裏打ちしたメタルボンドもあれば、金属を一切使用しないオールセラミッククラウンもあります。

審美的要求が高く、健康的なノンメタルトリートメント(金属をまったく使用しない治療方法)をご希望の方には「オールセラミッククラウン」がお勧めです。 歯肉の付け根付近も美しいので、歯肉が綺麗なピンク色に保たれます。

オールセラミック

オールセラミッククラウン写真

メタルボンド

メタルボンドクラウン

コア

神経を除去した歯は乾燥しやすいので破折の可能性が高まります。 そのため、被せ物をする前には、補強となるコア(支柱)を入れ、咬合圧に耐えられる状態にします。

従来の歯科治療で使用したコアの大半は金属製でした。 金属と言っても、銀から白金加金まで多くの種類があります。 ですが、金属には変わりないため、長期的には腐食し、歯質の削除量が多くなってしまう欠点があります。

コア

その様な理由から、当院はグラスファイバー製のコアを使用しております。
このコアは、太さ約10μmのファイバーを束ね、その間に高強度のマトリックスレジンを含浸・重合させ、支台築造用のために作られたものです。
弾性係数は金属製に比べ「象牙質」に近似しているので、歯のたわみに応じて力を分散し、歯への負担を大幅に軽減する特長を持っています。
そのうえ、白色なので金属製と比べ審美性が圧倒的に優れています。 さらに、再神経治療が必要になった場合の対応まで可能となります。

コア2   コア3

神経を除去後、健康な歯質のみを残します。 そこにファイバー製のコアを装着。

ファイバー製のコアとオールセラミッククラウンを組み合わせれば審美性、歯質保存性、耐久性、生体親和性全てに優れた治療を行えます。

コア4


歯の色を白くするには?

パーフェクトクリーニング

たばこのヤニやコーヒー・紅茶の茶渋が歯に着色してしまうと、歯磨きでは取れません。
この様な汚れもパーフェクトクリーニング(PMTC:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)なら問題ありません。 専用器具によって汚れを取り除き、歯の表面を平らにすることで汚れを防止します。 そのうえ、虫歯の早期発見にもつながります。

パーフェクトクリーニング

ホームホワイトニング

当院のホワイトニング治療は、低濃度で歯に優しいホームホワイトニングのみを専門におこなっております。
この方法は、知覚過敏防止の薬剤、虫歯予防効果のあるフッ素を含んだ特殊なジェルを使うので、歯に負担をかけず、歯を白くできます。

ホワイトニング1

【1回目の来院】
虫歯チェック・歯面クリーニング・プレートの型取り

【2回目の来院】
プレート・ジェル使用法説明

【3回目の来院】
ジェル(2本目)の説明・口内チェック

【4回目の来院】
ジェル(3本目)の説明・口内チェック

【5回目の来院】
メインテナンス

* 来院間隔は1週間です。




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional