渋谷のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

インプラント治療の流れ

治療の流れ

インプラント手術と聞くだけで「怖い!痛い!」などと不安に駆られてしまう患者さまもおりますが、手術内容さえ分かれば不安は解消できますのでご安心ください。
インプラント埋入手術にともなう痛みや痛みの続く期間、不自由さについては臼歯の抜歯と同じくらいとお考えください。
インプラント治療の流れを簡単に説明しますと、インプラント埋入時の痛みを軽減するため局部麻酔を行います。 その後、顎骨を露出し、インプラントを埋入、傷を縫合します。 時間と共にインプラントは周囲の骨と結合していき、安定します。
インプラントと骨が結合するまでの期間は、インプラントの状態に問題がないか定期検診でチェックします。 約5~10週間ほどでインプラントは周囲の骨と完全に結合され、治療は終了です。

イラストと治療ステップを使って、もう少し分かりやすく説明しましょう。

治療ステップ.1 診断と治療計画

画像の説明

専門医がレントゲンなどを使って、お口の中を詳しく診断します。
その後、患者さまに治療計画やインプラント治療に必要な説明をいたします。
治療担当はインプラント専門のトレーニングを習得した歯科医師が行います。

治療ステップ.2 インプラント手術(埋入手術)

 
患者さまに局所麻酔をした上で、小さなネジ状のチタン製インプラントを顎骨の中に埋め込みます。
 
画像の説明 専用ドリルで顎骨を削ります。
画像の説明 インプラントを入れるための穴が完成。
画像の説明 インプラントの埋め込みが成功。

治療ステップ.3 インプラントと骨が安定するまで待ちます

画像の説明

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約5~10週間ほど待ちます。
患者さまによって骨の状態や回復力などが違いますので待機期間は異なります。
待機の間、手術箇所が歯抜けの状態ですと生活・仕事に支障がでますので、通常はインプラント上に仮歯を入れておきます。

治療ステップ.4 歯の装着

画像の説明

インプラントのヘッド部分に医療用セメントを使って歯を装着させます。これによって、インプラント治療は終了です。
治療後は、お口のインプラントを長い期間、万全な状態に維持できるよう、定期検診とホームケアを心がけていただきます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional